断熱について

  • HOME
  • 断熱について

ミヤハウは「断熱リフォーム」で
家族みんなが居心地良く過ごせるおうち作りを目指します。

イメージ

ご存知ですか?

古い木造建築は隙間が多く、外気の影響を受けやすい構造になっています。冬は、寒い隙間風が通り、なかなか暖房が効きません。夏は熱気がこもりやすく、湿気も溜まりやすいので家が傷みやすいのです。特に高齢者には住みづらい環境になっています。健康的な暮らしは、高断熱の住まいから始まると言っても過言ではありません。

イメージ

健康に与える影響について

断熱性能の高さによって、体感温度にも大きな差が生まれます。断熱性能の違いは、住む人の対感温度に大きな影響を与えます。
冷暖房をしっかり入れてるはずなのに、寒い、暑いと感じることはありませんか?それは体感温度は室温と壁面などの表面温度によって決まるからなのです。
屋根・壁・床など外気の影響を受けやすい部分が断熱性能が低い住宅だと、室温を上げても肌寒く、または下げても暑く感じてしまいます。逆を言えば、外気の影響を受けにくい高断熱性能住宅では、ほぼ室温通りの体感温度で快適に過ごすことが可能です。

断熱リフォームで健康的で
快適な暮らし

  • ヒートショック対策

    ヒートショック対策に

    断熱リフォームをすることにより、家中の温度差が少なくなり、「ヒートショック」対策につながります。冬場の部屋間の温度差をなくすことにより、脱衣所や浴室の温度差を減らすことができます。それにより、高齢者のヒートショックが起きづらい環境を整えることが可能です。

  • 光熱費の節約

    光熱費の節約に

    断熱リフォームを行うと、室内と屋外での熱の移動が少なくなります。夏は熱された空気が室内に入るのを防ぎ、冷房の冷たい空気が外に逃げにくくなります。
    反対に冬は暖房で温めた空気が外に逃げず、外からの冷たい空気が入るのを防いでくれるので、一年中家の温度差が少なく、快適な温度を保てるようになります。

  • 結露防止に

    結露防止に

    窓サッシの断熱リフォームを行うことで、窓周りからの結露防止効果があります。窓周りは温度が低くなりやすいため、特に冬場は室内が温かいと温度差で結露が発生しやすくなります。断熱性を高めることにより、結露を防ぎ家の腐食やカビ・ダニなどの発生を防ぐことができます。

ミヤハウの
断熱リフォームの特徴

  • 高断熱性

    硬質ウレタンフォームを、建築現場で発砲施工するため隙間のない高密着な施工が可能です。

  • 家の保護

    自己接着能力により、家の大敵である湿気や結露から長期的に守ります。

  • 環境性能

    私たちの生活の身近にあるウレタンと水を使用した施工のため、環境性にも配慮しています。フロンなど環境に害のある成分は使用していません。

  • 冷暖房の効率化

    一度の施工で断熱と気密が取れるアクアフォーム施工なら、屋内結露を防ぎ冷暖房の効率を上げることで、光熱費のコストダウンも可能です。

  • 吸音性

    細かな連続気泡施工は、吸音性にも優れています。隙間のない施工により外部の騒音や内側からの生活音も軽減します。

施工手順について

延べ床約30坪で屋根壁の断吹き付けであれば、たった一日の工事で完了します。
部分的な断熱リフォームなど柔軟にお答えしますので、お申し付けください。

  • 1お問い
    合わせ
  • 2お見積り
    依頼
  • 3お見積り
  • 4施工依頼
  • 5施工

まずはお気軽にお問い合わせください